ブログ

いやしライフ通信 2017年4月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。
春分の日に東京スカイツリーに行ってまいりました。お昼頃行ったのですが、チケットを買おうとしたら、夜7時からのチケット販売の整理券を配っているところで、「そんな待ってらんないわ~」・・・ということで外から眺めるだけにしました。東京スカイツリーはテレビなどで見たことがあるとは思いますが、ここで少し概要を載せてみようと思います。まず、高さについてですが、プロジェクト当初は「約610m」としておりましたが、自立式電波塔世界一を検討しており、その結果、世界各地で高層建造物が計画、建設されている中で、自立式電波塔として高さ世界一を目指し検討を重ね、634mに最終決定しましたそうです。この甲斐もあり、高さ634mの東京スカイツリーは2011年11月17日にはギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されました。

634mという高さの数字を決定するにあたり、世界一のタワー・地域のシンボルであるタワーとして、覚えやすい数字にしたいということで、旧国名のひとつで、東京・埼玉・神奈川の一部を含む大規模な地域を指す武蔵国を連想させる「634=むさし」、そして「むさし」の響きは日本人にとってなじみ深い言葉ということで、634mに決定したそうです。この、634mという高さは、我が新潟県が誇る「弥彦山」の高さと同じということで、個人的にもちょっとうれしいところです。エレベーターも見もので、地上から東京天望デッキまで(分速600m、約50秒)、天望デッキから天望回廊まで(分速240m、約30秒)という、高速エレベーターとのこと・・・超高速ですね。お値段も聞いてびっくりです。3,600円くらいかかるそうです(*_*)。。。一生に一度くらい、たいまい叩いて昇ってみようと思っています。

 

Page 1 of 11