ブログ

いやしライフ通信 2017年8月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。連日の暑さに体も疲れぎみだと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。さて、この時期は花火大会やお祭りがあちこちで開かれており、夏休みの子供たちにとっても楽しい季節ですね。さまざまな屋台がずらりと並んでいたり、夜空に広がる花火を眺めると、大人でも心が躍りますよね。 中でも花火と言えば、新潟が誇る、日本三大花火の一つ「長岡花火」がありますが、皆さん生で見たことはおありですか?私はまだ一度もいったことがありません。人様から聞く「長岡花火」の感想は、「きれい」「素晴らしい」「感動した」・・・の前にまず、「疲れた」「渋滞で大編」「夜中の2時3時に家に着いた」・・・など、大変だったことしか聞かないので、お出かけが大好きな私が、「長岡花火」に行くことに、二の足を踏んでしまっている有様です(^^;)どなたか私に「長岡花火」を快適にみる方法を伝授してくださるのをお待ちしております。さて、すでに皆様ご存知とは思いますが、「日本3大花火大会」といえば、秋田県大仙市大曲の「全国花火競技大会・大曲の花火」、「茨城県土浦市・土浦全国花火競技大会」、そして「長岡花火」ということになりますが、前二者の花火大会は全国の花火師が技術を競う競技大会ですが、長岡花火の起源は1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願い、翌1946年8月1日に行われた戦災復興祭ですが、花火大会の始まりはこれとは別で1879年9月14日と15日の2日間、千手町八幡様の祭りに長原などの遊廓関係者がお金を出し合って花火350発を打ち上げたのが始まりとされ、その後、本格的な花火大会となったのは1906年からであり、現在の「長岡まつり」という名称になったのは1951年のことです。そして、2005年に前年市内を襲った7.13水害・中越大震災・豪雪の3つの自然災害からの復興元年と位置づけ、「復興祈願花火フェニックス」が打ち上げられ、さらに長岡花火が有名になったのではないでしょうか。私もこの夏、1回位どこかの花火大会へ足を運んでみようと思います。

では皆様、こまめに水分や休息をとって、体調を崩さないようお気を付け下さいね。

Page 1 of 11