ブログ

いやしライフ通信 2019年1月号

テーマ:ブログ

あけましておめでとうございます。新聞係りの渡辺です。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

お正月は年神様をお迎えする大切な行事。しめ飾りや鏡餅をお供えすると清々しい気持ちになります。そして、笑いのたえない良い一年になりますようにと願わずにはいられません。お正月は親戚との集まり、懐かしい旧友との新年会など、久しぶりに顔をあわせる方々と楽しく過ごす機会が増えますよね。
新年会などの宴会といえば、欠かせないのがカラオケですが、1月19日は「カラオケの日」であり「のど自慢の日」でもあるそうです。カラオケのビジネス化に初めて成功したと言われる井上大佑さんは、アメリカの雑誌『TIME』の「20世紀で最も影響力のあったアジアの20人」に選ばれ、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるイグ・ノーベル賞平和賞を受賞した経歴もある方です。もともとは、ひいき筋の社長のために旅先でも歌えるようにと曲の演奏をテープに録音してあげたのが発明のきっかけだったそうですが、今やカラオケは世界各国に広まりました。コミュニケーションツールのひとつとしても、ストレス発散の手段としても、とにかく歌って楽しいのがいいところですよね。
「のど自慢」といえば「NHKのど自慢」は皆さんご存知かと思います。ラジオ放送の「のど自慢素人音楽会」から始まり、1953年にテレビでの放送がスタートしたそうです。なんとこの番組は、世界130カ国で放送されているそうです。歌声だけでなく地域の話題を紹介したり、歌った方の様々なエピソードが語られたり、司会やゲストの方とのやりとりも楽しいひとときです。 おじいちゃんを喜ばせたくて応募した女子高生、普段は口にできない妻へ感謝の気持ちを歌で伝えたいという男性、内気な自分を変えるために人前で歌うことを決心した大学生の男の子など、観ている側も思わず共感したり、応援したくなったりするシーンも多くあります。そんな温かな気持ちに満たされるところも人気の秘密なのかもしれませんね。

 

では、皆様にとって今年も良い年でありますようにお祈りしております。
そして、スタッフ一同より良いサービスの提供をめざしがんばりますので、よろしくお願い申し上げます。

Page 1 of 11