ブログ

いやしライフ通信 2018年1月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。新年あけましておめでとうございます。いよいよ2018年がスタートしました。 「一年の計は元旦にあり」ということわざもあるように、一年の始まりには、新しい手帳や日記を用意するという方もいらっしゃるかと思います。そこで、日記を書くことで期待できる効果などについて書いてみようと思います。100人の対象者をグループに分け4週間「日記」をつけるように依頼。ひとつのグループにはその日にうれしく思ったポジティブな出来事についてのみ記すように指示し、もう一つのグループには単純にその日に合った出来事について記すように指示しました。その結果、ただその日にあったことを記すだけのグループに比べ、ポジティブな内容を記したグループは幸福度と生活に対する満足度が高いという結果に!このように人間は、ポジティブな事を日記に書くことで、幸福度が高まることは科学的に証明されているそうです。病気になる、体調が崩れる、夜眠れなくなる、無性にイライラするなどの不調は自律神経のバランスの乱れから来ることが多くありますが、日記を書くと心の整理ができ、その日のうちに自立神経の乱れが修正されて、心と体が落ち着きを取り戻すことができます。その他、人にどう思われるか気になって全てをさらけ出すことが出来ない場合や、同じことをぐるぐる考えてします時、不安や焦りに押しつぶされそうな時、そんな時自分の感情を紙に書き出すと、問題が解決しなくてもいったい何が問題なのかということがわかり、頭の中がスッキリします。一日で気持ちの整理がつかなくても毎日書き続けることで、ストレスを感じにくくできるとの事。その他に、その日に何があったのか、それはどうだったのか等、その日一日を振り返り、思い出すことにより、「想起トレーニング(物事を思い出すトレーニング)」となりますし、文章をかくということは高度な脳活動を必要としますから、脳に程よい負担をかけ、脳の活性化に役立ちます。いかがでしたか、「よーし!今年から日記を付けてみようかな」と思った方はいらっしゃいましたか?・・・私はというと、何度か挑戦しましたが、すべて三日坊主で終わっております(^^;)

 

インフルエンザが新潟県で注意報レベルに達しました。手洗いをしっかりし、栄養をしっかり摂り、元気にこの寒さを乗り切ってまいりましょう!!では、今年もよろしくお願いいたします。

 

Page 1 of 11