ブログ

いやしライフ通信 2013年7月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係の渡辺です。7月ですね。 早いもので今年も半分が過ぎ、下半期に突入です。 今年は桜の開花が関東までは例年より早かったのに、東北や北海道には、桜前線がゆっくり北上していましたね。 そして、梅雨入りも関東甲信までは早かったですが、新潟は少し遅れましたね。

梅雨に入ってからも、なかなか雨が降らず空梅雨の気配を感じます。

今年の夏は“暑くなる予想”ですから、熱中症には十分に気をつけましょう。 

 さて、皆さんもご存じの通り、今年は伊勢神宮の「20年に一度の式年遷宮」が行われる年です。私も今月お伊勢さんに行ってこようと思い、式年遷宮について少し調べてみたことをご紹介しようと思います。

遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する際や、正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことで、式年とは定められた年という意味だそうです。

第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、持統天皇4年(690)のことです。それから1300年にわたって続けられ、今年で62回だそうです。

また、式年遷宮が20年ごとに行われる理由については、確たる記録はないため不明とのことですが、推測される主な理由としては、次のようなものが挙げられるそうです。

・建物の「清浄さ」を保つ限度が、20年程度であるため。これは、耐用年数という意味ではなく、神道の宗教的な意味における「清浄さ」である。

・建替えの技術の伝承を行うためには、当時の寿命や実働年数から考えて、20年間隔が適当とされたため。

(建築を実際に担う大工は、10歳代から20歳代で見習いと下働き、30歳代から40歳代で中堅から棟梁となり、50歳代以上は後見となる。このため、20年に一度の遷宮であれば、少なくとも2度は遷宮に携わることができ、2度の遷宮を経験すれば技術の伝承を行うことができる。)

・旧暦の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(11月1日が冬至にあたること)が、19から20年に一度の周期(メトン周期)であるため。

・一世代がおよそ20年であるため。

・神嘗祭に供される穀物の保存年限が20年であるため。

それにしても、千年以上も前の営みや技術が、今もなお受け継がれているという事に驚きと感動を感じます。 そして、この大いなる営みを肌で感じてこようと思います。

いやしライフ通信 2013年6月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係の渡辺です。 梅雨入りのニュースが気になる季節となりました。 

本日5月29日、「関東甲信」まで梅雨入りをしたと報じられました。

これは、平年より10日ほど早く統計開始以来過去3番目に早い記録だそうです。

きっと新潟もまもなく梅雨入りすることでしょう。

荒れたお天気に体調を崩す方も多くなる季節ですが、よく食べ、ちょっと運動もして、充分な睡眠をとって、万全な体勢で楽しい夏を迎えて頂きたいものです。 

ところで、6月は農林水産省が指定する『食育月間』です。 この食育月間とは、「食」について正しい知識を身につけ、若者の間で特に乱れつつある食生活を見直していこうという取り組みです。 全国でも「食育プロジェクト」と称し色々な取り組みが行われているようですが、新潟でも平成23年10新潟市鳥屋野潟に、新潟の美味しさ、美しさ、豊さを発掘する目を育て、心と身体の健康づくりを市民運動へと展開していく拠点を目指し「食育・花育センター」がオープンしました。

この施設では、新潟の旬の食材を使った料理教室・園芸講座・農業体験・食育体験など様々な体験メニューを提供していますし、花畑では、春はチューリップ・夏はひまわり・秋はコスモス・・・と、訪れる人たちを楽しませてくれています。6月15・16日に「初夏の山野草展」があるそうですので、まだ行っていない方は一度是非行ってみてはいかがでしょうか。

 食生活と健康は密接な関係がありますし、生活習慣病の多くは10年や20年の長い年月をかけてゆっくり進行すると言われています。 つまり、今の食生活が将来の健康に大きく影響するのです。しかし現代の人々は、「忙しい」「面倒くさい」などの理由でついついファーストフードやコンビニ弁当に頼ったり、「ダイエット中だから」とご飯を抜いてしまったりしがちですよね。 

食への無関心は不健康な食生活や病気を招いてしまいますので、ぜひ、家族や友達としっかり食卓を囲み、きちんと食べ、豊かな食生活を送って下さいね。・・・私の場合は食に関心があり過ぎ、食べることが好き過ぎて不健康なのですが・・・(^-^;;)

それでは皆様、来月も元気にお会いしましょう!

社員紹介

テーマ:ブログ

昨年10月に入社しました 「佐藤 聡」と申します。

話下手な為、患者様にはご迷惑をおかけしていると思いますが、

皆様のご厚意に感謝しております。今は中央区、東区を中心にお伺

いさせて頂いております。

新潟市に居住して7年目になりますが、大分都会生活に慣れました。

地元は新発田市の山奥なので、行動するにも自転車や車がないと生活が大変です。スーパーまでは自転車で10分位かかります。自然はたくさんあるのですが。時間があるときには散歩がてら新潟市を散策しています。

今までは病院・治療院・訪問マッサージと経験し、縁があり当社に入社いたしました。少しでも皆様の回復のお手伝いができ、笑顔が見られたらと思っております。今後ともよろしくお願いします。

いやしライフ通信 2013年5月

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係の渡辺です。 新緑爽やかな5月となりましたね。 今年も3分の1という日が過ぎ去ってしまいました。

桜も散り、新緑が目にも眩しい季節になってきましたが、この陽気に誘われ、何となく体を動かしたい気分になっている方もいらっしゃることでしょう。そんな時は、ちょっと近所を歩くだけでもいい運動になって気持ちいいでしょう。 もちろん、体を動かすのも楽しいですが、「プロ野球」や「Jリーグ」などを自宅で観戦したり、直接観戦に出かけるのも楽しいことでしょう。

私は観るより、やる派なので、30代でバレーボールを始め、40代になってからバドミントンを習いました。50代になったら卓球をやってみようと思っていたのですが、団体競技が好きな私は未だバレーにしがみつき、最近ではどこのどなたが言っているのか分かりませんが、「ママさんバレーではなく、ばばさんバレー」だね・・・とささやく声が聞こえてまいります。(笑い)

話しは変わりますが、五月の祝日と言えば真っ先に「こどもの日」と答える方が多いのではないでしょうか。そこで、日本以外にも「こどもの日」があるのか調べてみました。・・・そしたら、月日は違えども、結構あるんですねぇ。中でも6月1日の「国際こどもの日」としているところが多いようですが、他に11月20日の「世界こどもの日」なんていうのもありますし、お隣韓国は、日本と同じ5月5日、5月5日になった由来は両国違うようですが、「こどもは国の宝」・・・というのは世界共通の様で安心しました。

いやしライフ通信 2013年4月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係の渡辺です。 いよいよ新年度が始まりましたね!

小さな体からはみ出しそうなランドセルを背負った新小学一年生や、制服姿が初々しい学生を見かける季節になりましたが、見ているだけでこちらも何だか嬉しい気分になりますね。 

私の孫も今年から保育園に入園です。初めてママから離れる不安とお友達と一緒に遊べる楽しみで、一杯でしょう・・・

こんな新しい季節は「自分も何か新しいことを始めてみよう!」「前からやりたかったことに挑戦してみよう!」など、いろいろ考えていらっしゃる方も多いことでしょう。 暖かな陽気も、こういった気分を後押ししてくれています。 

私も3月から英会話を始めました。「どうせ三日坊主で終わるんだし…」とか、「めんどくさそうだし・・・」とか、始める前からマイナス思考になって、なかなか始められませんでしたが、「三日坊主でもいいか!」って開き直ってやってみることにしました。

やると決めたらやり通すっていうのは、なかなか難しいこと。 3日やって1日休み、2日復活して次の日は面倒になり、そして思い出してまたやってみる。 こうやって三日坊主を繰り返しながら、少しずつ先に進んでいってもいいのかな・・・そのうち、「何となく続いているなあ…」と思ったらしめたもの。これもりっぱな「習慣」です(笑) 「自分は飽きっぽいなぁ…」なんて落ち込まないで、「昨日はできなかったけど、今日はやってみた」と自分を褒めてあげることにします。 自分に甘い私はこんな気軽な気持ちで始めてみました。

「三日坊主」という言葉は、お坊さんの修行というのは朝早くから始まり、一日中規則正しい生活をして、ご飯は粗食…。想像以上の厳しい修行に耐えられず、3日で挫折してしまうほど辛いといった所からきているそうです。 

お坊さんになろうとしている人でも、辛い修業はなかなか続かないんですから、凡人の私には初めから無理なことなのです。凡人の皆様、気軽に何か始めてみても良いのではないでしょうか。

新しいことを始められた方は頑張って下さいね。 

Page 10 of 23« 先頭...8910111220...最後 »