ブログ

いやしライフ通信 2018年8月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。今月は、夏休みやお盆休みを利用してお出かけする方が多いと思いますが、ということは、行楽地はどこも人出が多いということですよね。ということは、トイレに行列が出来ていて、長時間待たされた~・・・なんていう経験ありませんか? そこで、トイレの待ち時間を減らすための工夫を調べてみました。
そこで出てきたのが、ノーベル経済学賞を受賞した「ナッジ」という理論です。この理論は、知らず知らずのうちに人間の行動を変化させる手法で、言葉に頼ることなく、人間の行動心理に働きかけるもので、人種や文化に関係なく利用できる方法と言われています。
例えば、人は暗い空間にいる時、明るい場所を見つけると明るい方向に向かって進みたくなる心理が働きます。これを「サバンナ効果」と呼ぶそうですが、これを利用して、トイレ空間の奥は照明を明るくし、壁などを明るい暖色系の色にしたり、反対に手前はやや暗くし、明るさをやや落とした寒色系の色を使うと、奥の個室の利用率が上がり、混雑の解消に効果的なんだそうです。そう言われてみると、確かに明るい方に進みたくなって、奥の個室から使う気になりますよね。
この「ナッジ」ですが、訪日客が増える東京オリンピックに向けても、行列を減らすために有効な手法として注目されています。「サバンナ効果」を利用した配色の他にも、設備のレイアウトの仕方で動線を整理するという方法もあります。
神奈川県川崎市にある等々力陸上競技場のトイレは、洗面台がトイレの真ん中に仕切りのように並んでいます。また、入口と出口が分けられてトイレ内が一方通行になっており、個室の内壁を青、ドアを白と塗り分けることで、使用中かどうかが一目で判るようになっています。そうすると、トイレに入ってから出るまで、人は自然とほぼ直線で動くんだそうです。色々な工夫の仕方があるんですね。
それでは、いつか女子トイレの行列がなくなることを願いつつ、お出かけを楽しみましょう。

新聞係り、渡辺からのお願い!!!
まだまだ厳しい暑さが続きますので水分補給、暑さ対策、冷房対策を十分にして、この夏を乗り切りましょう。
のどが渇かなくても水分補給!冷房が好きじゃなくても、上手に利用しましょう!!
「よろしくおねがいします!!!」

 

いやしライフ通信 2018年7月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。暑くなってきましたが、体調など崩されていませんか?
今月号は、旬な話題「ワールドカップ」を取り上げたいと思います。ロシア大会は時差があり、日本では真夜中の開催となりましたが、皆さんは観戦なさいましたか? 日本は2大会ぶり3度目の決勝トーナメント(ベスト16)進出を果たしたが、2002年日韓大会、10年南アフリカ大会に続き、3度目の挑戦でも大きな壁を破れませんでした。世界ランキング61位の日本の決勝トーナメント1回戦対戦国は、世界ランキング3位のベルギー。同点の試合終了間際に失点して2-3で敗れ、初のベスト8進出とはなりませんでした。グループHのステージでは、辛くも、逃げ切った日本の決勝進出は、2戦目を終えて、日本とセネガルが勝ち点4、得失点差1、総得点3で並び、直接対決でも2-2の引き分けだったため、フェアプレーポイントに委ねられていました。では、フェアプレーポイントって何?調べてみました。
フェアプレーポイントは、選手に出されるイエロー・レッドカードの枚数などに応じて減算されるポイントで、グループリーグの順位を決める際に考慮される条件で、今大会では、日本が初めて適用されました。フェアプレーポイントの決め方は、次の通り。 ①イエローカード(警告)をもらうとマイナス1 ②1試合で同じ選手がイエローカード2枚でレッドカード(退場)をもらうとマイナス3 ③一発レッドカード(退場)となるとマイナス4 ④イエローカード1枚のあとにレッドカード(退場)をもらうとマイナス5
FIFAの公式サイトによると、日本は最終戦を終えてイエローカード4枚のマイナス4点。一方セネガルは、イエローカード6枚でマイナス6点となり、ポイントで勝る日本がグループ2位で1次リーグを突破した形となりました。もし、フェアプレーポイントも同じだった場合、最後は抽選で順位が決まることになっていたそうです。
ポーランド戦終盤での時間稼ぎのパス回しにブーイングも飛びましたが、ベルギー戦は「感動した」「よくがんばった」という声が多かったようです。
これから夏真っ盛りとなりますが、熱中症対策をしっかりして乗り切りましょう。

いやしライフ通信 2018年6月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。いよいよ、4年に一度の「FIFAワールドカップ」が始まりますね。そのワールドカップ開幕までおよそ2ヶ月の4月9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の契約解除が発表されました。後任は、ハリルホジッチ監督をサポートしてきた西野 朗氏。私自身サッカーに疎く、西野氏のことは良く知りませんので、検索してみました。
1994年に、アトランタオリンピック出場を目指すU-23日本代表監督に就任。1996年のアトランタ五輪ブラジル戦で勝利し「マイアミの奇跡」を起こした63歳の指揮官、とのこと。それにしても、ワールドカップを2か月後に控えたこの時期の監督交代は異例ですが、海外を見ればこれまでになかったわけではないようです。1994年のアメリカ大会以降に指揮官を変えたチームは12チーム。中グループステージを勝ち抜けたのは、わずか1チーム! 32チーム制となった1998年のフランス大会以降はゼロで、「西野ジャパン」にとって非常に厳しいロシアワールドカップになりそうです。本田圭佑は取材で、「僕は出る以上は常に『優勝』としかこれまで言ってこなかった」「優勝できる可能性が何%かといったら、もしかしたら1%かもしれない」と前置きしながらも、優勝への鍵は「どんな相手にも勝てる可能性があるので、それをどれだけメンバーが本当に信じて、準備して、その雰囲気を作っていけるか」と、改めて優勝を目指す強い意思を示してくれました。
6月14日に開幕しますが、サッカーファンはもちろんのこと、日ごろあまりサッカーに興味のない人にとっても、「サムライブルー」(日本代表の愛称)の活躍は、気になりますよね!
日本チーム初戦となるコロンビア戦は、6月19日の21時開始と観戦しやすい時間帯なので、ビール片手にぜひ応援しようと思います。

いやしライフ通信 2018年5月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。春もたけなわ、本格的な行楽シーズンの到来ですね。旅行会社のチラシやパンフレットを見ると、どこに行くわけでもないのにワクワクしてきます。
世界中のホテルやテーマパークなどの中から選んだ“夢のような旅先”ということで、アメリカのニュース局「CNN」が「世界の夢の旅行先10選」として選んだ旅行先の中に、栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」が選ばれているんですよ!(2014年) ちなみに他の国では、ケニアのキリンを放し飼いにしているホテル、マダガスカルのバオバブの並木道などがあったそうです。「あしかがフラワーパーク」の目玉は何と言っても大藤棚で、見頃は4月中旬~5月中旬。満開の時期には、薄紫色の藤の花が作る幻想的な世界に飲み込まれそうな迫力です。四季折々に様々な花が楽しめ、冬には美しいイルミネーションも楽しめるスポットです。植物を見ていると、穏やかな気持ちだけでなく、パワーももらえますよね。お出かけ先だけでなく、身近にあるきれいな花も楽しみながら、春を元気に過ごしましょう。
話は変わりますが、3月号で「春財布」は縁起がいいですよ。と、掲載したことを覚えていらっしゃいますか? 私も思い切って買い換えました。見た目が春らしく気に入って買ったのですが、家に帰ってきて、中身を入れ替えたら半分しか入らず、困ったことになっております。見た目と実用性の両方兼ね備えたものはなかなか見つからないものですね。
とにかく数年使って、また今度「春財布」に挑戦したいと思います。

いやしライフ通信 2018年4月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。少しずつ春めいてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? 新潟は桜が咲く前はとても良い天気で、少し前までの大雪はどうなったんだろう?あの寒さはどうしたんだろう?と、キツネにつままれたようなお天気が続きましたが、桜が咲いた途端寒くなり、雨も降り、恨めしい天気となってしまいましたね。
ところで皆さん4月1日は、「エイプリルフール」ですが、何か面白い「嘘」はおつきになりましたか?私は以前「妊娠しちゃった~」「お給料落としちゃった~」などと嘘をついたりしましたが、最近では、ネタ切れをしてしまい、考えているうちに4月1日が過ぎてしまった
・・・なんてことになっております。
毎年エイプリルフールには、たくさんの「ウソ」が街の中を飛び交いますが、実際どうなのかインターネットを覗いてみたところ、たくさんの楽しいウソを見つけましたのでご紹介します。
企業では「変わり種の新商品を発表する」というのが定番になっていて、コカコーラは「味噌味のファンタ」や、「パクチー味のいろはす」「生ハム味のメロンソーダ」など。接着剤メーカーの「セメダイン」はスマホが手放せないあなたへ、スマホからちょっとはなれて、目の前の人と“くっついて”みませんか?というキャッチフレーズの「スマホはがし」という薬剤や「祝福用セメダイン、『メデタイン』」という架空の商品を発表しましたが、なんと約3か月後に本当に発売が決定してしまったという、まさに、ウソから出たまこと、というような商品も飛び出しております。
エイプリルフールのウソは、ウソだとわかっていても笑えるものや、楽しい気持ちになるものが一番です。「笑い」は気持ちをリフレッシュさせてくれるものですから、時にはジョークを言い合って、思いっきり笑ってみてはいかがでしょうか。

 

それでは、笑顔で楽しい春を過ごしましょう!

 

Page 2 of 23123451020...最後 »