ブログ

いやしライフ通信 2017年5月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。

暖かい春の陽気が気持ちのよい5月ですが、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。花粉症は、今では日本の国民病とも言われるほど患者数が増加していて、春は外出を控える方も多いようですね。日中に比べて夜は花粉の飛散量が少なくなると言われていますので、出かけるのは夜がいいかもしれません。そこで、おすすめしたいのが「星空観察」です。 特に今年は、ここ数年で最も良い条件で観られる「みずがめ座η(イータ)流星群」に注目が集まっているそうです。みずがめ座流星群は観測できる期間が長いことでも知られ、今年は4月19日から5月28日まで。この期間中は、明かりの少ないところで夜空を眺めるだけでも、流星が観られるかもしれません。ところで星と言えば、JR東日本で運航している「SL銀河」という列車をご存知でしょうか?その名の通り、かつて使われていた「SL(蒸気機関車)」を復元させ、客車を引いて走るというプロジェクトだそうです。この「SL銀河」は、宮沢賢治の作品“銀河鉄道の夜”をモチーフとしているのだとか。外観は夜空をイメージしたという深い濃紺をベースに、作品に登場する星座や動物が描かれています。内装は大正から昭和をモチーフとしたレトロな作りになっており、ガス灯風の照明やステンドグラスなどの趣向が凝らされているとのこと。また、特徴的なのは車内に設置された小型プラネタリウムで、車内の天井に星空が映し出されるのだとか。この列車は岩手県のJR釜石線・花巻駅~釜石駅間を運行しており、乗車券の他に指定券が必要になるものの、窓口や券売機、インターネットで手軽に購入できるそうです。もうひとつは、新潟県の第3セクター鉄道「ほくほく線」。トンネル内で自動的に映像システムが作動し、車内の天井部に動画が映し出されるという電車、「ゆめぞら号」。2両で編成されている電車で、それぞれの車輌に異なるタイプの映像システムが設置されています。この映像を見ることができるのは車輌がトンネルに入っている時のみですが、この路線は全区間の約7割がトンネル。全14カ所で、最長のものは約10kmもあり、このときの再生時間は5分半にもなるので、なかなか見応えがありそうです。運転日は土・日・祝日のみ(4/26~5/5は毎日)となっており、1日で越後湯沢-直江津間を約2往復半運行しているとのことです。夜は出かけられないという方は、列車の中で星空観察というのも楽しそうですね。

さて、これから徐々に夏の暑さもやってきますが、体調には気を付けて、楽しい休暇をお過ごしくださいね!

いやしライフ通信 2017年4月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。
春分の日に東京スカイツリーに行ってまいりました。お昼頃行ったのですが、チケットを買おうとしたら、夜7時からのチケット販売の整理券を配っているところで、「そんな待ってらんないわ~」・・・ということで外から眺めるだけにしました。東京スカイツリーはテレビなどで見たことがあるとは思いますが、ここで少し概要を載せてみようと思います。まず、高さについてですが、プロジェクト当初は「約610m」としておりましたが、自立式電波塔世界一を検討しており、その結果、世界各地で高層建造物が計画、建設されている中で、自立式電波塔として高さ世界一を目指し検討を重ね、634mに最終決定しましたそうです。この甲斐もあり、高さ634mの東京スカイツリーは2011年11月17日にはギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されました。

634mという高さの数字を決定するにあたり、世界一のタワー・地域のシンボルであるタワーとして、覚えやすい数字にしたいということで、旧国名のひとつで、東京・埼玉・神奈川の一部を含む大規模な地域を指す武蔵国を連想させる「634=むさし」、そして「むさし」の響きは日本人にとってなじみ深い言葉ということで、634mに決定したそうです。この、634mという高さは、我が新潟県が誇る「弥彦山」の高さと同じということで、個人的にもちょっとうれしいところです。エレベーターも見もので、地上から東京天望デッキまで(分速600m、約50秒)、天望デッキから天望回廊まで(分速240m、約30秒)という、高速エレベーターとのこと・・・超高速ですね。お値段も聞いてびっくりです。3,600円くらいかかるそうです(*_*)。。。一生に一度くらい、たいまい叩いて昇ってみようと思っています。

 

いやしライフ通信 2017年3月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。暖かい日が多くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ところで、日本では新年を迎えるにあたり、年末に大掃除をするという習慣が古くからありますよね。 一方、欧米では「スプリング・クリーニング」といって、冬に使った暖房器具などの汚れを落とすために春に大掃除をするのが一般的なのだそうです。 実のところ、日本でも「春掃除」をする人が増えてきているんだとか。私も、年末の大掃除より、「スプリング・クリーニング」派です。頑固な油汚れは気温が低いと固まりやすく汚れが落ちにくいのですが、春になって気温が高くなると汚れが落ちやすくなるそうです。そのためキッチンなどの油汚れの目立つ箇所は、暖かい季節の方が掃除に適していると言えるでしょう。 また、寒い季節にバルコニーの汚れ落としや窓ふきといった外まわりの掃除をするのは水や風が冷たくて辛いものですが、春ならばそんな心配もありませんよね。もちろん春掃除は、単に「気温が高くて掃除しやすいから」ということだけではなく、3月から4月は生活環境が切り替わるタイミングでもあるため、新年度を気持ちよく迎えるための下準備にもなります。 くわえて、掃除と一緒に自分や家族の持ち物を見直してみるのにも適したシーズンです。読み終えた雑誌・本、今シーズン着なかった冬物の衣服は、思い切って手放しましょう。 特に学生の子供さんのいる家庭なら、教科書・ノート類・持ち帰った作品などは春休みに整理をしておけば、スムーズに新学期をスタートできそうですよね。その際、なかなか捨てられない思い出の品は「写真」に残しておくと処分しやすくなりますよ。私も、子供たちの作品や、とっておきたいけど場所に困るなぁというようなものは写真にとって、「思い出の品」専用のアルバムを作って、残してあります。こうして身の回りをキレイに整理整頓することが、気持ちの大掃除にもなります。天気の良い日に、パーッと家中の窓開けて大掃除・・・掃除が終わると心もパーッと晴れ晴れする気分です。ぜひ春の大掃除に取り組んでみてはいかがでしょうか。

いやしライフ通信 2017年2月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。 いよいよ寒さも本番となり、体が冷える季節です。このような寒い季節は体の芯から温まりたいものですよね。そこで突然ですが、皆さんは温かい食べものといえば何を思い浮かべますか?お鍋や焼き芋などたくさん出てきたと思いますが、その中に「おでん」を思い浮かべた方もいらっしゃるのではないでしょうか?実はこのおでんは、古くから庶民に楽しまれてきた冬の味覚でした。
おでんは「田楽」が由来とされ、平安時代末期に豆腐に塩をふった「豆腐田楽」が記録に残っているそうです。その後、味噌を塗ったり焼いたりとアレンジされ、豆腐以外の具材も増えていきました。ちなみに、せっかちな江戸っ子が焼き上がりを待てずに煮込むようになり、これがおでんに変化していったそうですよ。また、鍋から串にささった具をとるだけで食べることができたため、その手軽さもウケたそうです。その後も、その手軽さと豊富な栄養面からお店や家庭で親しまれてきました。

ところで、皆さんはどの具がお好みでしょうか? コンビニ大手3社が発表している人気ランキングの集計によると…5位「牛すじ」、4位「厚揚げ」、3位「しらたき」、2位「たまご」、そして堂々の1位は「大根」でした。 やはり!といった結果かもしれませんね。ちなみに、おでんを自宅で美味しく作るには、昆布、牛すじ、練り物といった“旨みが出る具”と、大根やしらたき、たまごといった“だし汁が染み込む具”をバランスよく入れるのがポイントだそうです。このほか、豆腐類や野菜、がんもどきなど、食物繊維が豊富な具を加えれば栄養も満点です。さらに、だし汁をにごらせないためには、さつま揚げなど揚げてあるものは煮込む前に熱湯をくぐらせて油抜きをし、弱火にしてグツグツ煮立たせないことがコツです。私のお昼は週一でコンビニおでんです(^^;) 皆さんも手軽にコンビニおでんを買うもよし、家庭の味を楽しむもよし、まだまだ寒い日が続きますので、アツアツのおでんで体を温めて冬を元気に乗り切りましょう!

追伸
1月号で掲載した、大根の冷凍保存・・・試してみたからいらっしゃいますか?まだでしたら、この機会にやってみてはいかがでしょうか…?

いやしライフ通信 2017年1月号

テーマ:ブログ

こんにちは、新聞係りの渡辺です。
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ、2017年の始まりですね。 皆さんはお正月をどのように過ごされましたか? 日頃の疲れを取るためにのんびり過ごしたり、家族で旅行や遊びに出かけるなど、様々だったと思います。
さっそく新年の抱負や今年の目標を考えた方もたくさんいらっしゃると思いますが、まだ考えてなかったという方は「人生の100のリスト」という本を読んでみてはいかがでしょうか?簡単に本の内容をご紹介すると【自分が本当にやりたいことや達成したいことをリストにしよう。言霊(ことだま)という言葉があるように、人は書いたり言葉にしたりすることによってやり遂げたいことを具現化することができる。リストに書き記すことで、夢や願望をいくつも実現することができた。】という内容です。

個人的には、“100個考える”というところが重要なポイントだと感じましたが、100個も自分のやりたいことを書くのは難しいでしょう。・・・・と、思ってしまいました。(^^;)可能かどうかを考えたり、周りにどう思われるのか考えてしまうとなかなか出てきませんよね。しかも、「お金持ちになりたい」「健康になりたい」など、漠然とした夢ではとても100個もリストが埋まりません。なので、お金持ちや健康になるには「何をしたら良いか」とか、お金持ちや健康になって「何をしたいのか」を具体的に書く必要があるそうです。確かに、このように細かく設定すると、漠然とした夢から“実現できそうな目標”に変わった気がしてきますよね。 しかも、ちょっと頑張ったらできそうだ!と思えることが多いと気づくことでしょう。

例えば「毎日柔軟体操をする」「吉野ヶ里遺跡を見に行きたい」「回ってないお寿司をお金を気にせず、おなか一杯食べたい」「週の真ん中でお休みを取る」「ピラミッドを見に行きたい」「孫とディズニーランドに行きたい」(これらは私の夢でした)など、それらの目標を、出来ることから始めてもよいですし、大きな目標に挑戦するのもよいかもしれません。 人生の100のリストが少しずつ実現していくなんて、考えただけでワクワクしますね。

それでは、皆さんにとって今年一年も良い年でありますように。

 

Page 5 of 23« 先頭...345671020...最後 »