ブログ

いやしライフ通信 2012年5月号

テーマ:ブログ,新聞

こんにちは、新聞係の渡辺です。

 5月は「ゴールデンウィーク」や「母の日」など、お休みや行事が目白押しですね。 しかし、楽しみは多くても、やるべきことが増えるのもこの時期ではないでしょうか? 「家でゆっくりしていたい…」と思いながらも、“家族サービス”や“お付き合い”などもあって、なかなか落ち着けない時期なのかもしれませんね。

 過ごしやすい季節ではありますが、まもなく梅雨もやってきますから、皆さんも“健康管理”には十分気を配られて下さいね。 

ところで、健康管理の基本といえば「食事」ではないでしょうか。

技術の進んだ現代では、一年を通して食べられる野菜も多くなっていますが、栄養面を考えると、旬の時期に取れた食材が人間の体にとってはベストなのだそうです。 

実は“旬の時”と“旬ではない時”を比較すると、栄養価が“1.5~3倍”も違うそうです。 季節はずれに収穫された食材は、苦味や酸味、香りも抜けているため、「味が薄い…」と感じる人もいるそうです。 また、値段見ても安いのは旬の方ですから、ぜひ旬の時の栄養価の高い美味しいお野菜を食べたいものです。

何と言っても、旬のものは体の要求にも合っています。 例えば、「夏野菜」は体を冷やす効果があり、「冬野菜」は体を温める効果があるというのは皆さんもご存知なのではないでしょうか。 

5月の旬といえば「たけのこ」「そらまめ」「きゅうり」「さば」「かつお」など…、それらはいろいろな食べ方がありますが、このラインナップを見て「酒の肴にいいね!」と思ったのは、私だけでしょうか?(笑)。

より良い生活を送るため、旬の食材を上手に取り入れながら、

楽しく健康管理をしていきたいものです

いやしライフ通信 2012年4月号

テーマ:ブログ,新聞

こんにちは、新聞係の渡辺です。 

今年の冬は3月下旬になっても、雪の降る日が多く本当に大変でしたね。4月に入り少しずつ春の暖かさが感じられるようになりました。

4月といえば、新生活をスタートさせた人、生活環境が変わった人も多くいらっしゃることでしょう。 

また、街には真新しいランドセルを背負った子供たちの姿を見かけると、何だかほほえましく温かな気持ちになるのは私だけではないでしょう。

1月はお正月があり、2月は28日間しかなく、3月は年度末なのでやることが多いため、あっという間にもう一年の3分の1が過ぎてしまいました。

個人的には何の達成感もなく、何となく日々が過ぎてしまった感じがしますが、「何にも無いというのは、無事過ごせているという事。それはとても幸せな事。」・・・と変な納得をしています。(笑い)

ところで、春といえば気になるのが『花粉症』ではないでしょうか? 

私も軽い方ですが、花粉症の仲間入りをしたのはかれこれ20年前位でしょうか。

実は、“国民の5人に1人は花粉症”といわれているため、花粉症はもはや“国民病”とも言えるでしょう。 4月になるとスギ花粉の飛散量は減るそうですが、逆にヒノキ花粉は増加するそうです。 もし4月以降も症状が続く場合は、ヒノキ花粉が原因になっていることを疑う必要があるでしょう。 また、コナラやクヌギ、イチョウなどの花粉が飛散するのも4月~5月にかけてですので、お気をつけ下さい。 

花粉症に毎年悩まされている方は、

予防や対策を忘れないようにして下さいね。

多くの病気は“医学の力”でどんどん克服されて

いますが、こういった花粉症も含めた病気も克服

される日が来てくれるといいですね。  

いやしライフ通信 2012年3月号

テーマ:ブログ,新聞

こんにちは、新聞係の渡辺です。 

今年の冬は特に寒い日が続きましたが、ようやく雪も一段落し、春の気配を感じられる季節になりましたね。 

3月といえば、やはり昨年起きてしまった『東日本大震災』が思い出されます。

1000年に一度の未曽有の大震災「3.11」から1年が経ちました。 

時折テレビで目にする震災の映像を見るたび、昨日の事のように感じるのは私だけではないでしょう。 

最近は全国各地で強い地震がたびたび起きているせいか、今でもあの日から継続した日々が続いているように感じてしまいます。 

今なお被災地では不安の中で暮らしている方は大勢いらっしゃいます。 そして、今なおつらい日々をお過ごしのことと思います。

また、この1年で起こった変化は、もちろん環境の変化もあるでしょうが、“心の変化”も大きくあったと思います。 

特に、若い人達が「ボランティア」や「復興支援」に携わる姿は、厳しい現状の中でも明るい光が見える思いでした。 

また、「日常生活を送るために必要不可欠な“モノ”に対する考え方」も変わった方は多かったのではないでしょうか? モノとは食べ物はもちろん、エネルギーや住宅など多岐に渡りますが、こういったモノに恵まれて生活することは決して悪いことではないと思います。しかし、慣れとは怖いもので、感謝の気持ちが薄れてしまうような気がします。 ですから、この震災では“モノに対する感謝の気持ち”を持つ大きなきっかけにもなったように思えます。 

この震災は間違いなく“歴史の1ページ”に刻まれると思いますが、現状では、まだ『過去の出来事』として捉えるには早く、今一度、『自分は被災地や被災地の方々のために何ができるのか?』、こういった質問を自分自身に問いかけてみることが必要かもしれませんね。

いやしライフ通信 2012年2月号

テーマ:ブログ,新聞

こんにちは、新聞係の渡辺です。

早くも2012年が1ヶ月経ちましたね。

まだまだ厳しい寒さが続きますから、体調管理に気をつけて下さいね。

 

今年は、大河ドラマが誕生してから“50年目”の節目の年にあたるそうです。

今回の題材は皆さんもご存知だと思いますが『平清盛』です。

海外でも自国の歴史を扱ったドラマは多いようで、例えば、お隣の国「韓国」でも、歴史を

扱ったドラマが多く放送され、中でも2000年に放送された李氏朝鮮時代の医師の物語「ホ

ジュン ~宮廷医官への道~」は、最高視聴率が“60%”を超えるほどの人気だったようで

す。(日本では2007年BS朝日で放送され、好評につき、再放送もされました)

 

また、「中国では三国志を題材にした番組」、「アメリカでは開拓時代のカウボーイや南北

戦争前後の番組」、「イタリアではローマ帝国時代の番組」が、それぞれの国で人気のよう

です。

 

私は学生時代、歴史の授業は大嫌いで、人物と時代背景が一致しなかったり、時代の流れが

頭に入らなかったりで、ちんぷんかんぷんでしたが、ドラマで観ると「なるほど~」と、興

味がわいてきます。

 

実際の話よりも脚色されている所はあるでしょうが、私にとって歴史もののドラマは、興味

を持つ良いきっかけになります。(いつもすぐ忘れちゃうんですけどね・・・)

 

・・・ということで、今年何か新しいことに興味を持ちたいが、まだ決まっていない人は、

“テレビ番組”をきっかけにしてみるのもよいかもしれませんね。

 

いやしライフ通信 2011年12月号

テーマ:ブログ,新聞

こんにちは、新聞係の渡辺です。 2011年もいよいよ12月ですね。

 そこで、今年最後の私からのご挨拶は“今年2011年を振り返ってのお話”をさせていただきたいと思います。

 まず、今なお続くタイでの『歴史的な洪水』、また、ギリシャに端を発した『欧州通貨危機』、そしてなんと言っても『3.11の東日本大震災』は、私たち日本人にとって忘れられない日となってしまいました。

 1000年1度と言われる今回の震災は、日本人にとって“3.11前”と“3.11後”の生活を大きく変えてしまったようにも思います。 

ですが、この震災では全てが後ろ向きではなかったようにも思えます。 

通常このような災害が起きると、人間は秩序がなくなって“暴動”や“略奪”がよく起こるものです。 

しかし、今回の震災後の日本人の「冷静な行動」と「人に対する思いやり」は、世界中の国々から褒め讃えられるほどのものでした。 

こういったことを目の当たりにすると、私自身も“日本人”として生まれてきたことをうれしく思いました。 

 “あの時に沸いた感情”をこれからも時々思い返し、そして、その感じた気持ちをこれからも大事に持ち続けることが、三度来る困難を乗り越えるために大切なことなのかもしれません。 

そして個人的には、三人目の孫が11月22日に生まれたことでしょうか・・・

私自身、こんな親バカならぬ、婆バカになるとは思いもよらずにいました。(笑い)

娘には「婆バカ宣言」をし、心おきなく発揮しております。

皆様にとって今年一年はどんな年でしたか? 

少し早い挨拶ですが、今年最後の新聞ですのでご挨拶させていただきます。

今年1年、皆様には大変お世話になりました。また、いやしライフ通信を読んでいただきましてありがとうございました。

2012年も皆様にとって良いお年であります様、心よりお祈り申し上げます。

Page 1 of 212