ブログ

2011年12月 勉強会

11月に引き続き川平法の勉強会を行いました。

手技が難しい為、数カ月かけての勉強会になりそうです。

今月は川平法の上肢の促通法を行いました。

先月のおさらいなので、みんな少しは慣れてきたようです。

来月は下肢の促通法を行いたいと思います。

早くこの技術を身につけて、この運動法に適応する患者様に施術できるように頑張っております。

いつも勉強の様子を掲載しておりますが、先月のおさらいなので、今月は先生方の写真を掲載いたします。

(5・6名欠席しておりますが、随時全員の写真を掲載してゆきたいと思います。)

ひまわり会(リンパ浮腫の会)

ひまわり会はリンパ浮腫の会です。

「子宮がん、卵巣がん、乳がん、前立腺がん等」でリンパ節の切除により、手足のむくみで悩み、日常生活に支障をきたしたり、社会復帰が妨げられることもあります。
このようなリンパ浮腫は、正しい知識を習得し、正しいケアをすることで、よりよい状態に改善し、維持することが出来ます。

ひまわり会では、正しい知識と自己管理の仕方を学び、日常生活をよりよく過ごせる様に、また、現状以上に悪化しない様に、勉強しています。
「ひまわり会」は、「むくみ」で悩む人たちの声から生まれました。

リンパ浮腫に関心のある患者さん、ご家族、知人の方々、医療関係者、むくみに困っている方、 「ひまわり会」にご参加ください。

新潟県立がんセンター新潟病院のホームページから、ひまわり会の勉強会の日程などを見る事が出来ます。

2011年11月 勉強会

テーマ:ブログ,勉強会

「川平法:促通反復療法」

片麻痺回復の運動療法

 

 

 

 

 

田村先生の一言

私の訪問マッサージ

病気になった患者さんの多くは、「孤独」であるのではないかと思っています。

それはたとえ、どんない「家族の介護や介護者の介護があっても」です。

そして、病気になった家族を身近に介護する家族の方もそうではないかと思っています。

そんな「孤独」を、少しでも埋める事が出来ればいいなぁ。と思って日々施術を行っております。

病気になった患者さんは、私達と同じ人間です。

私達の施術も人間らしいものでありたいと思う今日この頃です。

2011年9月 勉強会

テーマ:ブログ,勉強会

便通改善のマッサージと運動法

 

 

 

 

 

坂本先生の一言

私が訪問医療マッサージで考えることは、常に「喜んでいただける」訪問医療マッサージというこの一点に尽きます。

これは私の訪問医療マッサージの原点としての思いです。

患者様の中には病気に対して精神的に不安定で自らの病気に納得できぬ状態で、心のケアが必要とされる方もいらっしゃいます。

少しずつでも施術効果が出れば、心も少しずつ良くなっていけると思っています。

患者様に対して自分の施術で良いのか?・・・もっと別の方法があるのではないか?・・・

本を読んだり、他の先生方に教えてもらったりしながら施術の修得し、患者様の喜ぶ顔に接したく、私なりに悩み勉強を続ける日々です。

2011年7月 勉強会

テーマ:ブログ,勉強会

お灸による膝・肩・便秘・下痢の治療

(膝の治療)

 

 

 

 

 

小畑先生の一言

人は健康第一と願いながらも、現在は高齢者が病気で寝たきり又は歩行困難等で訪問マッサージを受けておられます。

私は患者様の性格・生活行動・表情・年齢・性別をしっかり見極めて、その患者様が何を求めているのかを、自分自身が感じ取らなければいけません。

患者様とのコミュニケーションも大事ですし、病気で気持ちの落ち込んでいる患者様に対して、前向きな(やる気)考えを持たせるには技術(知識)も大事ですが、ただ単にマッサージと患者さんとの関係ではなく、人と人との関係が大切だと思っております。

最後に、いやす(思いやりの心)=いやされる(感謝の心)をお互いに感じ取り、より一層信頼感・安心感を高めてゆく訪問マッサージを行いたいと思います。

Page 1 of 212